闇金に家族の情報を渡してしまったときの対応マニュアル

<スポンサーリンク>

闇金からお金を借りる条件として家族の個人情報を求められます。

闇金がブラックリストに載っていたり多重債務者でもお金を貸したりするのは、債務者本人に返済能力がなかった場合でも、本人以外の家族から返済を迫るからです。

闇金の返済が滞納しますとまず最初にに家族に取り立てが及びます。お金を借りた本人以外は返済義務はありませんが、そんなことは闇金にしてみれば承知の上です。

「迷惑をかけたくなければ代わりに返済しろ」「職場に連絡されたくなければ利子だけでも払え」など、脅し文句を巧みに使い本来なら払う必要がない借金を肩代わりさせようとするのです。

闇金の取り立てや脅しに耐えられずお金を払ってしまっているとすれば一個人で闇金したり、闇金から逃れることはまず不可能です。

これ以上被害を広げないためにも警察に通報したり専門家に相談するなど行動を落こすことが必要となります。

もしすでに闇金に家族の個人情報が知られているのでしたら、これから解説する対処法で家族のことを守ってください。

闇金に携帯番号を知られてしまった

今すぐ電話番号を変更しましょう。闇金が家族に電話がかかってきて返済することを承知してしまいますと、それにつけ込んで電話がさらにかかってきて返済を迫ります。

また闇金は裏で繋がっていますので、一つの闇金業者に電話番号が知られてしまえば他の闇金業者からも電話がかかってきます。

着信拒否をすればいいと思うかもしれませんが闇金業者は、返済滞納者に作らせたスマホを手に入れ電話番号をいくつも保有しています。着信拒否したところで何の効果もありません。

ですので番号変更することが闇金からの電話を拒否する最も確実な方法となります。

闇金に会社嫌職場が知られてしまった場合

家族の勤務先が情報が知られてしまっている場合は、勤め先に闇金から電話があったとしても取り付かないよう伝えておきましょう。

職場に親兄弟などの身内が闇金から借金をしていることを知られるのは恥ずかしいかもしれません。しかし、闇金の取り立ての電話は容赦なくかかってくる可能性があります。

闇金から電話がかかってくるようになる前に対策を施していた方がダメージが少ないです。

それに闇金から借金したのは自分ではないのですから、毅然とした態度で仕事を続けていれば職場からの評価は下がることはありません。

闇金に口座を知らてしまった場合

家族の口座を知られてしまっているのでしたら、今すぐ口座を解約しましょう。

家族の口座だから問題ないと思うかもしれませんが、卑劣な闇は勝手にお金を振り込んで、~万円を貸したので、何日までに利子を含めて返すよう要求します。

闇金は一度捕まえた獲物を逃がそうとはしません。奪えるものはすべて奪おうとします。気づかないうちに勝手に入金することも闇金からしてみれば手慣れたものなのです。

闇金に家族の口座が知られているのであればすぐにでも解約することです。

家族に闇金にお金を借りたことが正直に話す

もし闇金への返済が滞納していることになれば、今は知られていなくても家族にバレるのは時間の問題です。

大切な家族に被害が及ばないように闇金からお金を借りたことを正直に話してください。

そして家族に闇金の取り立てや危害が及ばないために協力してもらいましょう。

それがあなた自身でなく家族を守ることになります。闇金対策をしておくことで最小限に危害を食い止めることができます。

闇金からお金を借りてしまっていたとしても、一家の大黒柱であれば家族を守るのがあなたの義務です。

もし家族に取り立てが来てしまっているのでしたら、今すぐ闇金問題を専門にしている弁護士に相談しなければ、さらに悪化してしまいます。

闇金を無視していても取り立てを止めることはありません。だからこそこちらから手を打たなければ闇金問題を解決することが出来ないことを忘れないでください。

<スポンサーリンク>