闇金の取り立てが家まで来たらどうすればいいのか

<スポンサーリンク>

闇金の取り立てがまさか家にまで来るなんて思いもよらなかった。

警察の取り締まりが厳しくなったので闇金で借りたとしてても、家まで取り立てに来ることはないと高を括って闇金からお金を借りてしまったら地獄のような毎日を送る羽目になった人たくさんいます。

家にまで取り立てが来るようになれば、自分だけでなく家族や子供にまで危害が及んでしまうかもしれません。

だからこそ闇金の取り立てから身を守るために解決策を施さなければなりません。

そこで闇金が家にまで取り立てに来たとき、どのような対策を打てばいいのか解説します。

闇金が家にもで取り立てに来たら

チャイムが何度も激しくなっているので何ごとかと思ったら玄関の前に闇金業者が立っていた。

そんな状況起きてしまえば冷静な行動をできなくなるかもしれませんが、まずは落ち着きましょう。
ドアを開けて闇金と直接対峙することはしてはなりません。

110番して警察に状況を伝えましょう。通報する際には、闇金が玄関の前にいて金を返せと大声で怒鳴り散らして困っているなど、できるだけ切迫した状況であることを伝えてください。

今すぐ危険が迫ってるとわかれば警察もすぐに駆けつけてくれますし、警察が来ることがわかれば闇金も家の前から立ち去ります。

闇金の取り立てが家にまで来た証拠を残す

闇金が家にまで取り立てに来たときは、映像や写真、音声などで証拠を残しておきましょう。

闇金業者とスマホ片手に撮影しながらです対峙すると闇金はなにをするかわかりません。

自分の身に危険が及ばないように証拠を残すにはインターフォン越しに動画撮影する。

玄関先で怒鳴っているのであれば、気づかれないようにスマホやICレコーダーで録音する。

ベランダ越しに撮影するなどして、細心の注意を払って証拠を残しましょう。

闇金が家の前で騒いだり、物を壊したりしてる場合は迷惑行為として警察も動くことが出来ますし、証拠がありますと警察が事件として扱ってくれる可能性が高くなります。

闇金の取り立てで家にまで来ないようにするために

その場では闇金を追い出すことができたとしても、その後も家まで闇金が取り立てに来るかもしれません。

警察に通報しても再度家にまで取り立てに来る闇金業者は間違いなくしつこいですし、あらゆることをして取り立てを続けることでしょう。

闇金は警察に捕まる可能性がありますが、それほどまでして家に取り立てに来るのは、お金を返さないと絶対に逃がさないぞというプレッシャーを与えることで返済を続けさせるためです。

闇金が大声で取り立てをすることで近所に知られてしまいます。近所の手前恥ずかしいと思わせることも闇金が家にまで取り立てをする目的の1つです。

日本人は世間体を気にするものですから、世間体を守るために借金を早く返さねばと思わせることができたら闇金からしてみればしめたものです。

闇金の取り立てが続けば借りた本人だけでなく家族や子供にまで危害が及ぶかもしれません。

子供が通う学校や保育園に親が闇金でお金を借りていることを連絡する闇金業者だっています。

子供に取り立てに巻き込むことで、絶対に逃げられないというプレッシャーを与えることにもなります。

借金から逃れるために逃げ出したいけど、子供がいるから夜逃げすることができないすよね。

家にまで取り立てに来る闇金業者は、お金を返してもらうまで絶対になしませんし、所有している財産を骨の髄まで奪い取ろうとします。

闇金から家族を守るためには

闇金からお金を借りてしまったとしても自分と家族を守る権利があります。

闇金に取り立てに追い詰められてしまっていたら冷静な判断ができないかもしれませんが、そんな時こそ一刻の猶予もなく警察に通報したり、闇金問題に精通している弁護士に相談してください。

弁護士に相談することは恥ずかしいと思ってしまうかもしれませんが、闇金問題を解決した実績が覆い弁護士は数々の多重債務者と関わっていますし、借金をした状況を理解して親身になって話を聞いて解決策を示してくれます。

無料相談を受け付けている弁護士がありますので、大切な家族を守るためにも相談していただければと思います。

<スポンサーリンク>