闇金の取り立てが子供にまで来たときに守るべき術を解説

<スポンサーリンク>

闇金は子供が通学する学校にまで取り立てを行い、お金を借りた本人に精神的重圧を与え、あらゆる手段を尽くして返済を迫ります。

闇金は返済が滞りますと、お金を借りた本人以外にも取り立てや催促する電話をかけるなどでして嫌がらせを始めます。

もし催促や電話に応じなければ、その取り立てが激しさを増します。そもそも闇金はお金を借りる本人の支払い能力を重要視しません。

その代わりに融資の条件として家族の個人情報の提示を求めます。これは本人の支払いができない場合、借金を家族に払わせるためです。

闇金の取り立ては子供にまで

闇金からお金を借りた債務者に小さなお子さんがいれば、子供にまで取り立てが及ぶことだってあります。

たとえ子供の学校を闇金に教えなかったとしても、本人の住所から学校が特定されてしまう可能性があります。学校は校区が分かれば小中学生でしたら範囲は限られます。

子供の個人情報を闇金に知られていないからと言って、子供には取り立てが行かないであろうと、とても安心できるものではありません。

闇金の取り立ては借りた本人から始まりますが、返済滞納続いてしまうと、次は本人の会社や家族に取り立て電話などの嫌がらせを始まります。

その取り立てや嫌がらせは小さな子供にまで及ぶまでの時間はすぐに訪れます。

闇金が子供に対する取り立てや嫌がらせは、まず学校へ電話をかけるということです。

実際に電話をかけなくても学校に電話をかけると落とすことで債務者にとっては、とてつもない精神的重圧を与えますし、そういう弱みにつけこんで更なる厳しい借金返済を強いられるようになります。

闇金業者は借金を返済させるためなら、どんな卑劣な手段でも行います。子供を返済の手段として使うことだって容赦しません。

親でしたら子供に被害を呼ぶことだけは絶対に避けたいはずです。闇金の借金が原因で子供にトラウマになるようなことを闇金にさせないためにも、闇金問題を今すぐ解決しなければなりません。

また、子供が高校生くらいになりますと、アルバイトで稼いで親の借金を返せと脅す闇金業者が過去にも多数報告されています。

子供には借金返済義務はありませんが闇金にしてみれば関係ありません。最初からお金を貸した本人から返済することをあてにしていない場合だってあります。

闇金に借金をしたことで子供にまで被害が及んでしまったことを後悔しても遅いです。

もし子供にまで被害が及んでしまっっているのに、それでも何もしないままでは事態が悪化するだけで解決などできるはずもありません。

それでは早急に解決するためにはどうすればいいのでしょうか?

闇金専門の弁護士に相談する

子供への嫌がらせを今すぐやめさせるために弁護士に相談してください。相談する弁護士はヤミ金専門もしくは闇金に精通している弁護士を選びましょう。

無料相談を行っている法律事務所がありますし相談を随時受け付けてくれます。相談では借金の総額や闇金の取り立ての実態などを正直に伝えましょう。

費用が心配でしたら後払いや成果報酬など、依頼人の経済状況に応じた支払いシステムを用意されてることが多いですので、費用についてもしっかり相談してください。

子供を守るのは親の義務です。闇金に借金をしてしまったのですから、その責め苦は本人が受けなければいけないのですが、そんなことは容赦せずに闇金は大切な家族や子供にまで取り立てに来ることだってあるのです。

だからこそ今すぐ手を打たなければ明るい未来は訪れることはありません。

現状を変えることはとても厳しいかもしれませんが、最初の一歩を勇気をもって踏み出せば解決は見つかります。

今こそ勇気を持って踏み出すことで闇金の取り立て嫌がらせから子供を守ることができるのですから。

自分で解決できないのであれば救いの手を求めてください。弁護士でしたら解決に導いてくれますから。

<スポンサーリンク>