闇金の取り立ての恐怖から逃れる解決策を授けます

<スポンサーリンク>

闇金の取り立てはまさに恐怖でしかありません。

名前でもわかるように闇金とは貸金業未登録業者で非合法なのが実態です。それゆえに高金利で貸付、精神的にとことん追い詰めた取り立てを行います。

たとえ必要に駆られて闇金からお金を借りてしまったとしても、それが地獄の入口となり人生をも破滅してしまいます。

自分はヤミ金業者とは縁のない人生を送るものだと思っていた人でも、闇金からお金を借りることになってしまい、地獄の日々を送ることになったとことは決して珍しいケースではないのです。

それでは闇金の取り立てで恐怖の日々を送ることにならないよう知っておくべきことを解説します。

闇金の恐怖の取り立て

闇金といえども、お金を借りるまではやさしく対応してくるものです。映画のようなヤクザの風体のスタッフが恫喝を交えてお金を貸すものだと想像しているのでしたら、簡単にお金を貸してくれることに拍子抜けするかもしれません。

闇金のチラシに掲載された電話番号に電話すると、オペレーターセンターで対応しているかのように言葉遣いが丁寧な担当者が説明します。

担当者の対応が良かったので闇金といえどもお金を借りても大丈夫だろうと安心してしまうと闇金の思う壺となります。しかし、お金を借りて返済が滞るようになりますと態度が豹変します。

闇金は非合法ですので法外な利息を設定するのは当然ですし、借りた金額と返済額が見合わない額となってしまい、気がつくと返済できないまでに借金が膨れ上がることになります。

さらに保証人の許可も取らずに勝手に保証人の設定がされてしまうこともあります。闇金は返済期日や遅延金を好き勝手に変えたりしますので、わざと返済日を遅らせたり遅延金を増やそうとするなどあらゆる手段を尽くして返済額を増やそうとします。

返済が滞納すると凄まじい取り立てが始まります。昼夜関係なく取り立ての電話がかかってきますし、勤務先にも連絡がくるようになります。

お金を借りた本人だけではなく親兄弟さらには子供にまで取り立てが及ぶようになります。

このように債務者本人だけでなく家族に取りてることで、債務者を苦しめ返済を迫る卑劣なやり方を行うのが闇金の常套手段です。

闇金は貸したお金は利子を含めて払い続けさせるためにどんなことだってします。

債務者を恐怖で支配し骨の髄まで奪い取ろうとするのです。いちどお金を借りてしまったら闇金からは逃れることはできませんし、とても債務者本人だけでは太刀打ちできるものではないのです。

このように闇金が恐ろしいということは分かっていただけたと思います。それでは闇金の借金を解決するにはどうすればいいのでしょうか?

闇金で問題が起きたら専門家に相談

真っ先に闇金問題の専門家に相談しましょう。闇金問題の専門家は弁護士、司法書士です。

弁護士に依頼しますと闇金と直接交渉するのは債務者本人ではなく弁護士となります。

弁護士が仲介に入りますと闇金は債務者本人に直接取り立てができなくなります。それでも闇金が債務者に取り立てしたならば不法行為となりますので、警察に捕まってしまいます。

闇金は警察に捕まってまでもお金を回収することはしませんし、 そんなバカではありません。

闇金にお金を借りた本人だけではなく家族にまで取り立てが行われて恐怖の毎日を送っているのでしたら、迷うことなく弁護士に依頼しましょう。

その場合は闇金問題に精通していて解決実績がある法律事務所に依頼することが重要です。

過去に闇金問題を扱ったことがない弁護士ですと、解決までに時間がかかる可能性がありますので、事前に調べておくことを忘れないでください。

弁護士に依頼する費用がない場合でも無料相談を受けられる法律事務所があります。各都道府県にある法テラスを利用すれば後払いで 弁護士に依頼することも可能ですので、相談の際には法テラスに対応しているかどうか聞いておきましょう。

それでは闇金の取り立ての恐怖から1日でも早く逃れることを願っています。

そのためにも当サイトで解説したことを参考にいただければと思います。

<スポンサーリンク>