家族を闇金の嫌がらせ取り立てから守る方法

<スポンサーリンク>

家族を闇金の嫌がらせや取り立てから守らなければ大変なことになってしまいます。

闇金の借金の返済を滞ることになりますと取り立ては本人だけでなく家族にまで及びます。

取り立てのターゲットが子供にまで

借りた本人以外に返済義務はありませんが、闇金からしてみれば借りたお金を回収できればそれでいいので、嫌がらせなどあらゆる手段を使って取り立てを行います。

そもそも非合法である闇金はお金を借りた本人の返済能力をあてにはしていません。

ブラックリスト状態にある人であってもお金を貸すということは鼻から本人の返済能力は重要視していないということです。

お金を借りた本人から回収できないことははじめからわかっていますので、審査のためと理由を付けて債務者の家族の電話番号、住所、勤務先、学校などの個人情報を聞き出します。

家族の個人情報を知られてしまえば、そえで闇金の思う壺です。取り立ては債務者の子供にまで及ぶことがあります。

過去にあったケースですと子供の登校途中に声をかけて親の借金を返済するよう迫ります。

闇金業者は本人以外の家族にプレッシャーをかけることで返済を迫るのです。

子供に闇金からの取り立てがあることがわかれば、親であればどんな手を尽くしてでも、お金をかき集めようとするでしょう。それは他の闇金にお金を借りてでも…。

闇金にしてみれば債務者の恐怖を操作して返済させようとすることは赤子の手をひねるようなものです。

闇金は非合法でそもそも返済義務がないのだから無視しておけばいいと言う意見もあります。

しかし、返済しないままでいるとター別途にされてしまうのが最も弱い立場にある子供であることを忘れてはなりません。

このように闇金の取り立てが子供に及ばない前に、家族を守るために行動を起こさなければなりません。

しかし、闇金にお金を借りているし、警察も助けてくれないのではと不安に思われるかもしれませんが、闇金問題に精通している弁護士が間に入ることで早期解決する方法があります。

闇金問題を解決する弁護士

弁護士を依頼したことで闇金からさらに厳しい取り立てがあるのではないかと心配するかもしれませんが、債務者が弁護士に依頼することで、闇金が債務者本人に直接取り立てをすることは違法となります。

ですので直接交渉するのは弁護士となりますので、闇金と債務者本人が交渉することはなくなります。

取り立てや嫌がらせも弁護士が闇金と交渉した当日になくなることもありますので、もっと早くに弁護士に依頼しておけばよかったと後悔している闇金の多重債務者がたくさんいます。

このように弁護士は闇金と交渉し問題を解決する専門知識を持っていますし、依頼人の闇金問題を解決するために迅速に行動してくれます。

闇金の取り立てに対して迅速に対応してくれない警察もいますが、弁護士が間に入ることで警察も動いてくれますし、より短期間で闇金の借金問題を解決することが可能になります。

闇金に借金していることを家族や職場にバレたくないから弁護士に相談することをためらわれている方もいるかもしれません。

安心してください。弁護士には守秘義務があります。

家族や職場に闇金からお金を借りていることを知られたくないのであれば、プライバシーを守って闇金問題を解決する方法を提案してくれます。

闇金に借金をたくさん抱えていたとしても、弁護士があなたにとって最適な解決を提案してくれますでの、闇金から家族を守るためにも弁護士を頼ってください。

ただし、弁護士でも取り扱っている分野や専門分野が異なります。闇金問題について依頼するのでしたら闇金問題に精通している弁護士に依頼することを忘れないでください。

弁護士がどのような案件を扱っていて専門分野、過去の実績などはネットで調べればわかります。

無料相談を行っている法律事務所もあります。相談が闇金問題の解決のためのスタートとなります。

まずは相談から解決の道を見つけていただきたいと思います。

<スポンサーリンク>