闇金の取り立てが兄弟にも来たときに今すべきこと

<スポンサーリンク>

闇金の取り立ては親兄弟にまで及ぶことがあります。これは兄が闇金に借金をしたため、取り立てに巻き込まれそうになった弟が、どのような対策で闇金からの取り立てを防いだのか、その体験談となります。

兄の闇金での借金で親にまで取り立てが

3歳年上の兄が闇金から借金をした挙句、返済を滞るようになってしまいました。実家や父の職場まで返済を求める電話が掛かってくるようになりました。父から「親が払わないのならば弟にも連絡する」と電話で言われたということを、私を心配して連絡してきました。

兄からは私のスマホに「今まで掛かってきたことがない電話番号から変な電話が来るかもしれない」と言うメッセージがありました。留守電のメッセージ内容にはあまり気を留めていなかったのでした。まさか闇金に借金をして、その上返済が滞っているとは思ってなかったですし、兄とはいえ呆れて物が言えませんでした。

とはいっても闇金から自分の職場が知られていて、職場に闇金から電話に掛かってこられるの非常に困ります。私の家族で社宅に入居しているため、家にまで来られてしまうことは会社への体裁上絶対に避けなければなりません。

闇金は相手が嫌がることをすることで返済を促そうとするのが常套手段です。返済のプレッシャーを掛けるために自宅や職場へ連絡をノイローゼになるくらい掛けてくることがあるということを知りましたので、それならまずこちらが闇金の取り立てからの防波堤を築かなければいけないと決心しました。

兄を説得して弁護士の所に連れて行きました。依頼する弁護士について事前に調べたのですが、弁護士によってもそれぞれ得意分野や専門分野が違います。闇金のことは闇金を得意分野にしている専門家に相談しないと解決が遅れてしまうということでしたので、まずネットで闇金、債務整理などを専門に扱っている弁護士に的を絞りました。

闇金から弁護士が守ってくれた

その法律事務所の中から無料相談を行っているところに兄と一緒に相談に行きました。親兄弟に借金を返す義務はないのでもし闇金が取り立てが来たとしても払う必要はないし、電話が掛かってきたり自宅に直接取り立てに来た場合は録音などして証拠を残すようにする。

その証拠は警察に被害届を出す時に必要なので、証拠とともに被害届を出したら警察は動いてくれるといった具体的なアドバイスももらいました。職場に連絡をかかってくる前に弁護士か動けば、闇金は親兄弟に強硬な取り立てを行うことはしないということでしたので弁護士に依頼することにしました。

兄の闇金の借金問題は依頼した弁護士のおかげで解決することができました。職場に取り立ての電話がかかってくることはなかったですし、私の家族も守ることができたので本当に助かりました。それも勇気を出して兄とともに弁護士に相談したのがおかげだったと振り返るとそう思います。

もし相談しないで一人で悩んでいたら兄の闇金問題は解決が遅れていたでしょう。職場まで返済を迫る電話が掛かってきたかもしれません。闇金に対しては法律知識を持たない素人では太刀打ちできなかったでしょうし、家族にも危害が及んでいたかもしれません。

兄の闇金への借金は最初は少額だったのですが、返済を滞納するうちに雪だるま式に膨れ上がり、300万円以上の額を返済が迫られるまでなってしまいました。 兄も返済を迫られ精神的に追い込まれたでしたので正常な判断ができる業態ではなかったです。

兄一人ではヤミ金の借金を解決することはできなかったでしょうし、私が手を差し伸べることで兄は闇金地獄から抜け出すことができました。もし過去の私のように兄の闇金の借金返済の取り立てに巻き込まれてしまったのでしたら、一刻も早く闇金問題の専門家である弁護士に相談することを強くお勧めします。

闇金の問題は悩んでる時間が多くなるとさらに解決が遅くなる可能性があります。最初の一歩は勇気がいると思いますが、手を差し伸べてくれる人が見つけることができます。自分自身や大切な家族を守るために最初の一歩を踏み出していただきたいと思います。

<スポンサーリンク>