闇金の取り立てが家族にきた場合の対処法

<スポンサーリンク>

闇金の取り立てが家族に及ばないか心配で、当サイトに辿り着いたのでしたら、闇金から借りたお金を返すことが出来ず断崖絶壁の状態に陥ってしまっているのではないでしょうか。

どうにもならない事情から闇金で借金をせざるを得ないことになってしまった。でも借りてから後悔しても時すでに遅しです。闇金は正規の貸金業者の違い非合法ですので利息や取り立て方法も違法です。あらゆる手段を使って債務者を追い込み取り立てを続けます。

もしお金を借りた本人が返済不可能だと分かればその矛先は家族に向けられてしまいます。どんな理由があったにせよ闇金からお金に借りたことによって、その被害は家族にまで及んでしまう危険性があることをまず理解してください。

闇金からお金を借りる時に正規の貸金業者である消費者金融のように融資に関する細かい審査は行われません。返済能力よりもまず、お金を借りた本人の電話番号と住所、勤め先以外にも家族の個人情報を要求されます。

家族の他にも友人知人の住所、電話番号、職場情報を要求されることもあります。そこで多くの人は闇金にお金を借りることを止めようとしますが、お金が今すぐ必要なときほど正当な判断ができなくなりますので、家族の情報などを教えてしまい、お金を借りてしまったら後々取り返しのつかない事になります。

なぜ闇金が家族の情報を要求するかですが、それはお金を借りた本人が返済不可能になった場合に家族から取り立てをするためです。闇金でお金お金を借りるような人は多重債務を抱えていたりブラックリストに登録されている人が多く含まれています。

そのため無担保で貸付を行う闇金にとっては少額の融資であっても本人から返済できないリスクを負わなければなりません。そこで家族の情報や勤務先を聞き出し、取り立て不可能となった場合に家族から借金返済を迫るわけです。

闇金にしてみればお金を借りた本人の返済能力はお金を貸す時点では需要とは考えていません。それよりも手に入れるべき情報が家族の個人情報なのです。

闇金の取り立ての恐怖

闇金の取り立ては半端ありません。借りた本人が返せなくなりましたら、両親が住んでいる実家、子供の学校、兄弟の勤め先などに電話攻撃をしてきます。電話攻撃は1日に数回という程度ではなく、1日に1000回以上の電話が鳴り続けたというケースも報告されています。

1日にこれだけ電話が掛かっていたらノイローゼになってしまいます。もしこのような電話攻撃があったら全て録音をして、それを証拠にして警察に持っていけば恐喝容疑で動いてきます。ただし警察は実害がなければ動かないですのですごくは全て取っておくことが必要です。

闇金の取り立ての被害は警察の報告

闇金は非合法ですので法律に基づいた取り立てを行いません。ですのでこれ以上取り立てによる被害が広がらないために警察に報告しましょう。闇金業者が使っているスマホや電話は借金の肩にに取り上げたものや、闇金が雇ったバイト契約者のスマホを使っているケースがほとんどですので、闇金業者の特定は難しくなっています。

この場合でも警察に要請し口座を連結してもらうなどの処置を取ってもらいましょう。また闇金は非合法ですので利息や延滞金なども、その日によって変えてきます。法律に基づかない利息や延滞金は違法ですので、こちらの証拠もしっかり残すようにしましょう。

警察は非合法の闇金だと分かれば動いてくれます。もし電話攻撃が激しくて闇金に対応する時がありましたら、近くに刑事がいるふりをして、「刑事さん、闇金から電話が掛かってきました」と電話相手にわかるように言いましょう。

そうしたら闇金も警察が動いていることがわかりますし、自宅や勤務先に掛かってくることを防ぐことができます。このようなことをしても何度も電話がかかってくる場合はこちらも録音するなどして証拠を警察に渡しましょう。

自宅や勤務先に闇金が取り立てに来ないか心配かもしれませんが、直接取り立てに来ることはまず考えられません。闇金に対する取り締まりも厳しくなっていますし、闇金業者にしてみれば逮捕してくださいとわざわざ現れてくるようなものです。

しかし可能性はゼロではありませんので、もし自宅や勤務先に訪れたら録音することを忘れずにそしてすぐ110番通報してください。理想としては事前に警察と打ち合わせしておくことです。警察に闇金業者が直接取り立てに来た場合どうすればいいか相談しておきましょう。

ちなみに闇金の問題を相談する警察は、ご自身が住んでいる地域にある警察署の生活安全係です。生活安全係の担当者にしっかりと「闇金の被害に遭っているため被害届を出しに来た 」ことを伝えましょう。

警察署によっては人手不足のため素早く対応してくれない場合もあります。素早く動いてもらうよう闇金に被害に遭っていること、それも具体的に電話が自宅だけになく勤務先に何度もかかってくるなどを伝えるようにしましょう。

最後に

闇金の取り立てが続きますと例え電話であったとしても恐怖に感じるものです。それでも希望を捨ててはいけません。合法的に闇金の問題を解決できるということを忘れないでください。

<スポンサーリンク>

Posted by admin